マレーシアの最高峰をハイキングするビジネススーツを着た日本人男性。

マレーシアの最高峰の頂上で見られると期待される光景とはまったく異なります。 スリーピースのスーツと革靴を着用し、メッセンジャー バッグを持ち、会社員のタグを付けた日本人男性。

キナバル山は、ボルネオ島とマレーシアで最も高い山です。 標高は 13,435 フィート (4,095 m) で、地球上で 3 番目に高い島の山であり、地形的な卓越性では世界で 20 番目に高い山です。 この山は、マレーシア、サバ州の西海岸地区、ラナウ地区にあります。 世界遺産のキナバル公園として保護されています。

しかし、仕立て屋で冒険家の佐田信孝がそこにいて、東南アジアの山を登る泥まみれの登山家というよりは、東京の渋谷交差点を渡る人のように見えました。

マレーシアの 4,000 メートルのキナバル山に登る彼の TikTok ビデオが口コミで広まりました。

@iceemin123 による 1 つのクリップは、彼がビジネス スーツと革靴でかさばるオフィス バッグを持って、狭い岩場の道を実際に歩き回っている様子を示しています。

他の 2 つのクリップは、彼が最終的に頂上に到達し、ジャケット、カーゴ パンツ、ハイキング シューズを履いた他の登山者が彼の周りを歩き回る中、息をのむような雄大な景色を楽しんでいる様子を示しています。

あるビデオでは、彼はロープガイドの横で下り坂を楽しくダッシュしました。

49歳のさだ のぶたかさんは、自身のレーベル「Sada」でオーダーメイドのスーツを作っています。

彼は、マレーシアのサバ州のラナウ地区にあるキナバル山の頂上への登山は、彼のブランドを宣伝できると考えた 1 つの方法であると述べました。

彼はスーツで他のおどけたことをしました。

日本のテーラー、佐田信孝氏はビジネススーツメーカーであり、青いスリーピースのビジネススーツと茶色のアシックスの革製ビジネスシューズを履いてサバ州のキナバル山に登ることを決意し、衣料品のマーケティングと広告をまったく新しいレベルに引き上げました。

いつもスーツ、ベスト、ネクタイ、革靴という格好で、玄界灘でシュノーケリングをしたり、日本で 26 番目に高い山である白馬山 (2,932 m) に登ったり、北海道でスキーをしたり、東京でマラソンをしたりしている様子を YouTube チャンネルで紹介しています。

フェイスブックにキナバル山への登山について書いたサダ氏は、雨が降ってもスーツのおかげで体が温まり、「商談」に間に合うようになったと語った。

「サダのオーダースーツはキナバル山に登るのに適しています。

多くのオンライン マレーシア視聴者からの彼の行動に対する反応は、おおむね明るいものでした。 別のユーザーは、佐田氏の国が高品質の商品であると評価した. 「日本製」と @Name1 は言いました。

他のコメンテーターは、シーンの不一致に合う、より面白いテイクを持っていました. 「誰かが彼に間違った会議室を与えた」と @Necross は言いました。


出典;

nst.com.my/news/nation/2023/03/892273/japanese-tailor-scales-mt-kinabalu-business-suit-leather-shoes

こちらも読む  タイの公衆衛生大臣は、麻薬として再リストされるのは大麻の芽だけであると述べた。

Leave a Reply