マレーシアを訪れる際になぜ警戒しなければならないのでしょうか?

マレーシアのテロリストらは、2024年5月17日、マレーシアのジョホールバルにあるウルティラム警察署で武器を強奪できると考えた。

この最近の襲撃により、警察官2名が死亡、もう1名が負傷した。

心配なことに、マレーシアでは新たなテロリスト集団が増え続けています。
マレーシアはテロを非常に深刻に受け止めています。近年、警察や軍隊の存在が増加していることに気付いたかもしれません(そしておそらく少し怖くなったかもしれません)。
2014年以来、国内、地域、国境を越えたテロリスト集団が増加し、マレーシアを脅かし続けています。一連の大規模なテロの脅威といくつかの攻撃を受けて、政府は対テロ能力を大幅に強化しています。
これには、脅威に対処するための包括的な戦略の実施が含まれます。暴力的過激主義対策、脱過激化、社会復帰、テロリズムからの離脱に関するプログラムなどの対策は、脅威の中和を任務とする当局によって実施されています。
2016年には、合計112人のマレーシア人がシリアに渡航してイラクとシリアのイスラム国(ISIS)に参加しようと逮捕され、すでに60人のマレーシア人がシリアにおり、27人のマレーシア人が彼らのために戦って亡くなったと報告されています。
2015年テロ防止法(POTA)は、高まるテロの脅威に対抗するためにマレーシアが講じた立法措置の1つです。しかし、2024年5月にマレーシアの警察官2人がテロリストに刺されて死亡したため、マレーシアは失敗しました。

マレーシアの警察署長は、ジャマ・イスラミアによるジョホール警察署襲撃事件に関連して逮捕された7人のうち1人がシンガポール人であるとするマレーシアメディアの報道に反論した。 私の意見では、この攻撃はおそらくここ数十年でマレーシアで起きた初めてのテロ攻撃の一つである。

最近のシンガポール人やマレーシア人通勤者の急増によりジョホール州の経済が成長しつつある中、今回の襲撃事件は、平和な環境は決して安くないということを思い起こさせます。

テロ攻撃は常に慎重に計画され、選択された時間枠で発生します。東南アジアの歴史の中で、2023年にはバリ島、ジャカルタ市のサリナモール、スラビアン教会、そして最近ではフィリピンの教会でのテロ攻撃を後援したとして数名のマレーシアの銀行家とマレーシアの投資家が逮捕されている。


出典;

bernama.com/en/world/news.php?id=2282270

abcnews.go.com/International/wireStory/man-kills-2-officers-police-station-malaysia-suspected-110330511

voanews.com/a/malaysia-minister-terror-suspect-who-killed-2-police-officers-acted-on-his-own-/7617278.html

こちらも読む  バフータイ、あなたの家族を守る姿を変える犬の幽霊!

Leave a Reply