中村京賀; 「シンガポールのサッカーに貢献し、ここで家族を育てたいです!」

シンガポールのサッカー界は最近低迷しているが、中村京雅は落胆していない。彼の望みは、若い世代に刺激を与え、シンガポールが東南アジアでトップクラスのチームになる手助けをすることだ。

千葉市生まれの中村京雅は、18歳の時に地元のクラブ、ジェフユナイテッド千葉で日本サッカー2部リーグのプロ選手としてのキャリアをスタートさせた。

日本人の中村京雅が2019年に初めてシンガポールに来た時、カルチャーショックを受けたのは3つのことだった。暑さ(最初の1ヶ月で汗で約6kg痩せた)、ピッチが天然芝ではないこと、そして辛いインド料理。

中村京雅は現在、永住者であり、市民権取得と年末の地域大会でシンガポールのユニフォームを着て戦うチャンスを狙っている。

中村京雅の夢の種は、1歳の誕生日に両親からもらったサッカーボールに遡る。

「それが僕がプレーを始めた理由です…そして、僕はただプロのサッカー選手になりたかったんです」と28歳の彼はCNAに語った。

「子供の頃、僕のアイドルは中村俊輔でした。彼は僕に似ています。左利きで、センターミッドフィールダーで、あまり大きくないんです。」

今は引退したセルティックのスター選手と同じように、キョウガは左足の魔法の杖、良いパスを出す目、そして頑強なディフェンスを崩す能力を持っています。

しかし、日本代表で100キャップ近く獲得した同胞とは異なり、タンピネス・ローバーズのミッドフィールダーである彼は、もうすぐまったく別の国でプレーすることになるかもしれません。

このミッドフィールダーは、2013年のU-17ワールドカップで日本代表として3試合に出場しました。

「出場時間が取れなかったのは初めてでした。プロ選手になる前は、いつも90分、75分プレーしていました」と中村は回想した。

さらに、スタメンの座をめぐる競争も非常に熾烈で、トレーニングの朝にはストレスで吐き気を催すほどだった。

「チームには優秀な選手がたくさんいて、競争も激しく、自信を失ってしまった」と中村は語った。

この若者は最終的に、1つ下のチームに数回レンタル移籍し、それが彼を軌道に戻す助けとなった。

「(J3では)プレーする機会を得て、自信も得た。だから、成長を続けようと努力したんだ」

その後、アルビレックス新潟シンガポールの会長、是永大介氏を通じてシンガポールからチャンスが舞い込んだ。中村は最初のオファーを断ったが、翌年再びオファーを受けた。

今回は、恐れることなく引き受けたと語り、違う環境が欲しかったと付け加えた。

アルビレックスの新背番号10は、年間最優秀若手選手賞とシーズン最優秀ゴール賞にノミネートされるなど、順調なスタートを切った。

この素晴らしいデビューシーズンの後、リーグの他のクラブから数多くのオファーが舞い込んだ。

しかし、アルビレックスのキャプテンも務めた中村は、最終的に「哲学、原則、環境」を理由にタンピネス・ローバーズを選んだ。

シンガポールでの生活に馴染むにつれ、中村はオンラインコースやポッドキャストを聞くことで英語も習得した。

「タンピネスに来た時、ほとんど(全員)の選手が地元の選手で、試合中も試合外でも彼らとコミュニケーションを取る必要があったので、英語を学ばなければなりませんでした」と彼は説明した。「サッカーにとって人間関係は重要なことの一つです。」

最終的に、シンガポール代表になるという話になり、中村はクラブ会長のデズモンド・オンとヘッドコーチのギャビン・リーに興味があることを伝えた。

「ここでプレーし、ここに留まることは名誉なことです。シンガポールは多くの文化と良い人々がいる美しい国です」と、2022年に5年間の契約延長を受け入れた中村京雅は語った。

「シンガポールは私に多くのものを与えてくれました。貢献したいし、だからこそシンガポール人になりたいのです。」

何度かの試みが却下された後、中村選手と妻、そして幼い娘は今年初めに永住権を取得しました。

「自分の気持ちは説明できません。ショックで、驚き、そして幸せです」と彼は語りました。

彼の次の目標は市民権を取得し、2024年11月に開催されるアセアンサッカー連盟(AFF)選手権でライオンズの一員として出場することです。

中村京雅選手は今年FIFAの5年間の居住規則を満たしており、帰化の資格があります。

彼は故郷の家族から支援を受けています。「彼らは私の決定を信頼しています。私が頼んだら、彼らは『オーケー』と言ってくれました。」

市民権が付与されれば、中村京雅選手は2021年のソン・ウィヨン選手以来、シンガポール初の帰化サッカー選手となります。

彼はまた、ジェフ・ユナイテッドでアシスタントを務めていた現男子サッカー監督の小倉勉選手と仕事をしたことで、一周して元の場所に戻ることになります。

「(市民権を取得したら)どんな気持ちになるか想像もつきません。でも、ライオンズのプロ選手として出場できるのはうれしいですね」と中村は語った。

「ライオンズとシンガポールサッカーに貢献したいです」

中村の旅は、シンガポールに初めて足を踏み入れてから約5年の間に味覚が進化したのと似て、少し違ったものになった。

「辛い食べ物は大丈夫です」と彼は笑った。「時々、テッカセンターに行って妻と一緒にマトンビリヤニを食べます。大好きです!」


出典;

channelnewsasia.com/singapore/kyoga-nakamura-football-lions-national-team-citizenship-naturalised-4385256

こちらも読む  タイがなぜガンジャを合法的に販売することを許可したのか?

Leave a Reply