修士号を取得したシンガポールのタクシー運転手は、運転手であることが一番幸せだと語る。

多国籍企業の従業員は最近、機械工学の修士号を取得したシンガポールのタクシー運転手との興味深い出会いを Reddit で共有しました。

「タクシー運転手は、タクシーを運転するようになってからより幸せになったと言いました」と従業員は語った。 「彼は40歳くらいに見えておしゃべりでした。 彼は機械エンジニアとして多国籍企業の元上級マネージャーだったことを話し続け、退職して数年間タクシーを運転していました。」

このタクシー運転手はまた、どれだけ一生懸命働けば、診断書やCPF、その他の会社の懸念を気にすることなく、4,000シンガポールドルから8,000シンガポールドルを稼ぐことができるとも語った。

この従業員は、最初はタクシー運転手を見下していたと認めたが、企業社会で数年間働いた後、運転手が正しかったことに気づいた。

「それはとても快適だと私も同意します」と彼は言いました。 「子どもの生活費や妻の生活費、HDBの住宅ローンの支払いなどに十分なお金を稼ぐために必要なときは運転する。 彼は過去にマネージャーの仕事をしていたときに貯めていたに違いない。」

「なぜ彼がタクシーを運転したというだけで彼を軽蔑する必要があるのでしょうか?」
コメント欄では、この従業員がタクシー運転手を軽蔑していたことを認めた際に数人のレディターが失望を表明した。 彼らは、仕事の選択に基づいて人を判断するのは不公平で短絡的だと感じていました。

あるRedditユーザーは、「なぜ彼がタクシーを運転したという理由だけで彼を軽蔑する必要があるのか?」と語った。 少なくとも彼は好きなときに好きなように働くことができます。 あなたはできる?”

別の人は、「シンガポールでは、PHV/タクシーの運転手に対するネガティブな偏見が本当に残念だ。 彼らの多くには、それぞれの物語と旅があります。

結局のところ、彼らが幸せで満足している限り、誰が彼らを違った方法で「判断/見方」できるのでしょうか。」

今日の社会、特にシンガポール人の間にはエリート主義が蔓延していると同調する人もいた。 あるRedditorは、「大多数の人はタクシー運転手、バス運転手、清掃員などを見下している。それがシンガポールの競争文化の一部だ」と付け加えた。

また、肩書きや給料よりも幸福や仕事の満足度の方が重要だと強調し、タクシー運転手が自分の幸福を第一に考えていることを称賛する人もいた。

ある Redditor はこう言いました。 重要なのは、彼らが幸せであり、自分の運命と戦うことであり、それは誠実な仕事です。 CBDエリアではスーツにネクタイを締めて歩き回る必要はありませんね?」


ソース;

reddit.com/search/?q=singapore

こちらも読む  シンガポールで女性の喫煙数が増えているのはなぜですか?

Leave a Reply