金瀬咲子『スカルノ大統領の忘れられた妻の悲しい物語』

現在、日本はインドネシアの最大の輸出相手国であり、インドネシアへの開発援助の主要な供与国でもある。 インドネシアは日本への液化天然ガスなどの天然資源の重要な供給国でもある。

しかし、第二次世界大戦当時、日本は今日のインドネシアを含む東南アジアの植民地でした。 日本の敗戦後、多くの日本の商社は、第二次世界大戦後の戦争賠償事業を獲得するために東南アジアの指導者たちを説得するために、若い芸者や日本の女子学生をホステスとして採用した。

金末暁子vs根本尚子の物語はどのように始まったのか?

インドネシアのインフラ事業をめぐっては、日本企業2社が競合している。すなわち、木下茂氏が所有する木下商事会社と、久保正夫氏が所有する東日商事会社である。

インドネシア共和国初代大統領スカルノには多くの妻がいたということは多くの人が知っています。 スカルノ大統領にはかつて2人の日本人妻と2人の日本人愛人がいたことが判明した。

歴史的記録によると、インドネシア共和国初代大統領スカルノには、シティ・オエタリ・チョクロアミノト、イングギット・ガルナシ、ファトマワティ、ハルティニ、ラトナ・サリ・デウィ、ハリヤティ、ユリケ・サンガー、カルティニ・マノッポ、ヘルディ・ジャファルを含む9人の法的に登録された妻がいました。

記録された9人の名前の中には、インドネシアの人口記録には記録されていないが、その話は有名であるスカルノの妻の名前が1つある。 バスキ。

西原正志という日本人作家によると、インドネシア共和国初代大統領直子と結婚する4年前、スカルノは金末咲子という日本人初の女性とラブストーリーを持っていたようだ。

早紀子さんはスカルノ氏が根本直子さんと結婚する5年前にスカルノ氏と結婚していた。 初めて来日したスカルノの心をなんとか溶かした日本人女性、金瀬咲子。

スカルノとの出会い当初、金瀬咲子はモデルであり、バーの酒のセールスマンだった。 その後、1958 年に彼女は京都のスカルノに紹介されました。金末咲子はイルの 5 番目の妻になりました。 スカルノはインドネシア共和国の初代大統領でした。 二人は1958年に銀座の第一ホテルの宴会場で結婚式を挙げた。

結婚後、金末咲子は1958年にインドネシアのジャカルタに連れて行かれ、ジャカルタのメンテン地区にある大統領の高級住宅に置かれた。 当時、スカルノにはすでに前妻との間に多くの子供たちがいて、それぞれ別の家に住んでいた。

サキコがイスラム教に改宗し、イルによってインドネシアという名前が与えられたのはジャカルタ滞在中にだった。 スカルノはサリク・マエサロとなった。 ジャカルタ滞在中、彼女はジャカルタの日本企業「木下商事」に勤める日本語学校の女性教師として登録されていた。 咲子は夫人とも呼ばれます。 バスキ先生。

残念なことに、金瀬咲子は夫の愛情に非常に失望し、別の女性、当時はイルに目を向けたため、咲子の人生は短く、非常に悲劇的でした。 スカルノは根本直子という別の日本人女性に密かに恋心を抱いていたが、スカルノは後にその女性をラトナ・サリ・デヴィと名付けた。

当時、根本尚子は、スマートな女性、ナイスバディ、そして数カ国語を話す能力を兼ね備えた優れた女性だと考えられていました。 根本直子は、スカルノの他の妻の子供たちと知り合い、友達になっていることでも知られています。

この計り知れない失望の中で、1959 年 9 月 30 日、金末咲子はジャカルタのメンテン邸で浴室で自らの血管を切り、ついに生涯を閉じました。

『スカルノ伝記1901年から1950年』の著者であるランバート・ギーベルスによれば、咲子は二番目のホステスである根本直子またはラトナ・デヴィがイルのお気に入りの妻になったため当惑したという。 スカルノ。

ホステスとは、ナイトクラブで男性の付き添いをする職業を指す言葉です。 1950 年から 1959 年にかけて、ホステスの仕事は日本の都市に溢れ、求人を見つけるのが難しい日本女性にとっては非常に贅沢で高収入の仕事と考えられていました。

しかし、歴史家の阿久和愛子氏によると、スカルノとサキコの関係は長くは続かなかったという。 これは、1年後、何度も日本を訪れたスカルノが根本直子という19歳の日本人女性と再び恋に落ちたためと考えられている。 この美しい日本人女性は、東日グループ (木下のライバル) の主力となり、インドネシアでの同社の事業をスムーズに進めることができました。

早い話が、日本から帰国後、スカルノは根本直子をインドネシアへの休暇に誘った。 1959 年、まさに 9 月 14 日、直子は喜んでインドネシアに来ました。 作家のCM・チョウ氏によると、直子さんは一人で来たのではなく、他の美しい日本人女性2人を連れていたという。

「彼らはジャカルタの東日会社が特別に提供した家に置かれた」とCM・チョウは松田亜藤に語った内容を自伝の中で書いている。

それで、直子が到着した後、咲子はどうなったのでしょうか?
金末咲子には、なぜイスラム男性が常にたくさんの女性を持ち、セックスハーレムハウスを築きたがるのか理解できません。

金末咲子は自分を「役立たず」と感じていたのかもしれない。 直子さんの訪問から2週間後、金末咲子さんはナイフで動脈を切って自らの命を絶つことを選んだと報じられた。

「咲子の遺体はブロックP墓地に密かに埋葬されましたが、1970年代の終わり頃、咲子の遺骨は親戚によって日本に移されました」と愛子さんは語った。

この悲しい知らせを聞いたスカルノ自身もショックを受けて泣き崩れたと言われている。 しかし、数週間後、スカルノは根本直子と結婚した。


出典;

 

こちらも読む  なぜアラブ人女性は白人女性よりもコンピューターに精通しているのでしょうか?

Leave a Reply