マレーシア、サラワク州で1兆2500億リンギット相当の金、希土類元素、貴金属を発見。

世界は、不換紙幣(各国の中央銀行による不換紙幣の無制限の印刷)から各国の新たな金/資産担保通貨へと移行しつつあります。

サラワク州は、希土類元素を含む貴金属の発見により、勝利を収める可能性が高いでしょう。

2024年6月18日、マレーシアのサラワク州政府は、1兆2500億リンギット相当の金、希土類、ボーキサイト、その他の貴金属を発見したことを受けて、大規模な採掘計画を発表した。

州の地質局は最近、サラワク州の総面積1240万ヘクタールの32%に及ぶ調査を終え、多数の鉱物を発見したと、副首相のダトゥク・アマル・アワン・テンガ・アリ・ハッサン氏は述べた。

「州の地質専門家による州土面積の32%の調査で、すでに推定1兆2500億リンギット相当の鉱物が発見されています。

「これらの鉱物には、金、希土類、ボーキサイト、その他の貴金属が含まれており、さらなる発見の可能性は大いにあります。

「州のさらに30%を調査する予定です。サラワク州には1240万ヘクタールの土地があり、さらに新しい鉱床が見つかると確信しています」と同氏は述べた。

同氏によると、金は当初バウ地区(サラワク州南部)でしか発見されなかった。

「現在、スリアマン地区(サラワク州中部)で大規模な金鉱床が発見されており、サラワク州の鉱物資源を採掘するためにカナダの技術を使用する予定です」と、クチン近郊で行われたハリラヤの肉の配布イベントの後で同氏は述べた。

アマール氏は、カナダの採掘技術を学ぶためにカナダを訪れたばかりだと話した。

「サラワク州では、ここで彼らの技術を活用します」と同氏は述べた。

サラワク州での集中的な鉱物採掘計画は、州政府が州全体でさらに10基の水力発電ダムを建設するという最近の発表を受けて行われた。

マレーシア政府の土地売却計画が多くのマレーシア人に拒否されるのはなぜか?

ボルネオ島は生物多様性に富んだユニークな島であり、世界遺産です。貪欲さは、残されたものを破壊するでしょう。

サラワクの土地には膨大な潜在的富が眠っており、銀行システムの自治権拡大が求められている。教育。労働力、移民、石油資源、安全保障、文化、言語、権利、MA63の適切な実施の順守など、無数の人種や部族が暮らすサイチョウの国には、自決の種が熟している。

サラワク人は、手っ取り早く簡単にお金が欲しいために、州政府の無思慮さと貪欲さの代償を何世代にもわたって払わなければならない。

サラワク政府はもっと敏感になって、マレーシアのパハン州タシク・チニに近いボーキサイト採掘と広大な土地の開拓から学ぶべきだ。人種や宗教による人々の隔離という悪しき政策の脅威や危険から解放された、多様な土地での文化。


malaysiakini.com/news/709137

thevibes.com/articles/news/102438/sarawak-discovers-precious-metal-deposits-worth-rm1.25-trillion

こちらも読む  インドネシア、オーストラリアに不法入国しようとした中国人を逮捕

Leave a Reply