なぜベトナム人売春婦がシンガポールで人気があるのか?

奇抜な服装をした街娼たちが、悪名高いシンガポールのオーチャードタワーズに戻ってきたようだ。

ベトナム人売春婦は、通常午後9時以降、複合施設の外をうろつき、通行人の客を誘っていたと、2024年5月31日のシンミン・デイリー・ニュースが報じた。

午後11時頃に建物を訪れたシンミンの記者は、ローカットのトップスと短いスカートを着た約10人の女性が、シンガポールで最も高価なショッピングストリートに立っているのを目撃した。

最近、インドシナ諸国からシンガポールに移住する女性が増えている。 そのほとんどはベトナム出身で、年齢は20~40歳だ。

ベトナム人売春婦は、立ち止まったり目を合わせたりする男性に近づき、スキンシップを始めて客を誘っていた。

ベトナム人売春婦の中には、移民労働者や外国人を特にターゲットにし、通常午前2~3時まで外にいた者もいた。

ベトナムには売春などを含む巨大なグレー経済があります。これは経済格差の大きい旧共産主義国の典型です。

なぜベトナム人売春婦がシンガポールで人気があるのか?

ハッピーエンドのマッサージパーラーはたくさんあり、シンガポールでは合法的にフルサービスを行っているところもあります。シンガポールのアマチュアベトナム人女性ははるかに安く、パーティーや宿泊も喜んでやってくれます。

シンミン記者が複合施設の前を通り過ぎると、女性たちが駆け寄ってきて彼の手を引っ張り、「私たちはあらゆるサービスを提供しています。料金は150ドルから250ドルで、どんなリクエストにも応えられます」と言った。

彼はまた、女性や顧客を近くのホテルまで運ぶために道端に停まっているタクシー車が数台あることにも気づいた。

オーチャード ストリートに隣接する住民の中には、妻や娘を売春婦と勘違いして嫌がらせをする男性について苦情を訴える者もいる。

一方、売春婦の存在により人々がモールに来なくなるため、商売が落ち込んだと店主らは嘆いていると報じられている。

オーチャード タワーズのナイトライフ ショップは、警察が公共娯楽ライセンスの更新や付与を停止したため、昨年 8 月に営業を停止した。

その後、飲食店や塾など、より家族向けの施設が進出したと報じられている。


出典;

asiaone.com/singapore/sex-workers-back-orchard-towers-residents-nearby-complain-being-harassed

こちらも読む  カンボジアはシンガポールのデジタル政府ソフトウェアを購入する予定。

Leave a Reply