なぜ駐シンガポールイスラエル大使はフェイスブックへの投稿について謝罪するのか?

シンガポール駐在のイスラエル大使は先週、シンガポールの法務・内務大臣K・シャンムガム氏から、2024年3月にパレスチナ問題に関するFacebook投稿をしたことについて謝罪するよう警告された。

エリヤフ・ヴェレド・ハザン大使は、この投稿が投稿されたことは間違いであり、大使の許可を得ておらず、責任者は送還されるだろうと述べたと、シャンムガム氏は水曜日(2024年5月8日)に述べた。

インド系シンガポール大使は、この件でさらなる措置が取られるかどうか、責任者は外交特権を享受できるかどうかを尋ねたズルカルナイン・アブドゥル・ラヒム国会議員(人民行動党、チュア・チュー・カン)の質問に答えていた。

2024年3月24日、シンガポール駐在のイスラエル大使館の公式Facebookアカウントは、コーランにおけるイスラエルとパレスチナの言及を比較する主張を含む投稿を公開した。

投稿にはこう書かれていた。「コーランにはイスラエルが43回登場する。一方、パレスチナは一度も言及されていない。

「地図、文書、貨幣など、あらゆる考古学的証拠は、イスラエルの地と、その地の先住民であるユダヤ人を結び付けている。」

この投稿は、同日、シンガポールのイスラエル大使館によって削除された。シンガポール内務省はシンガポール外務省に通知し、外務省はイスラエル大使館に、この投稿は直ちに削除する必要があると伝えた。

シンガポールの大臣は、警察がこの投稿に関する報告を受け、シンガポールの法務長官室と協議して「これ以上の措置は講じない」と判断したと述べた。

「イスラエル大使館の行動は主権免除の原則に該当する」とシャンムガム氏は水曜日(2024年5月8日)に述べた。

外交関係に関するウィーン条約によれば、外交官は外交官は受入国の刑事裁判権を免除されるが、外交官の国によっては免除を放棄できる。

シャンムガム氏との会談はイスラエル大使の要請によるもの。シンガポールの大臣は、「私は大使館には意見を述べる権利があると指摘した。

「しかし、発言がシンガポール、この場合はシンガポール国内の調和と安全、特に少数派コミュニティの安全に影響を及ぼす場合、我々は介入しなければならない」と述べた。

シャンムガム氏はまた、シンガポールのユダヤ人やイスラム教徒のコミュニティに対する攻撃的な発言や行動の疑いに関する報告の最新情報を提供した。

2023年10月7日から2024年3月31日までの間に、シンガポール警察は43件の報告を受けたと同氏は述べた。以前の最新情報では、シンガポール警察は2023年10月に8件の報告を受けたと述べていた。

シンガポールのイスラム教はなぜ現実に無関心なのか?
イスラム教は全世界を征服し、それに反するすべての考えを置き換えたいと考えていた。イスラム教徒は、そのような考えを固守したアラブ文化のために批判に敏感である。

シンガポールでは、イスラム教に対する批判、たとえ軽度の批判であっても、コーランの異なる解釈を議論することさえも、またはイスラム教のより小さな宗派(スンニ派イスラム教とシーア派イスラム教など)に属することは、イスラム教に対する「無礼」であるだけでなく、「冒涜」(「罪」)の一種とみなされ、死刑に処せられる。

シンガポールはシャリーア(コーランとさらに古代の中東の習慣、価値観、慣習に基づく法制度)に基づいて運営されている国ではないが、シンガポールは依然として何が「合法」で何が「違法」であるかというイスラム教の宗教的見解を支持している。

シンガポールでは、「冒涜」や「棄教」などの行為は宗教法/シャリーア法に違反するものとみなされ、非常に罪深いため死刑が執行されることが多い。

イスラム教のシャリーアでは男性に高い法的地位が与えられ、女性に対する罰則はより厳しいことが多い。またイスラム教の神政政治では、イスラム教を批判することは政府を批判することでもあるため、国家にとっても宗教にとっても危険であると見なされている。

世俗法に基づいて運営されている国(日本、フィリピン、タイ、米国など)では、「冒涜」や「棄教」は法律違反とはみなされません。日本では、州法や連邦法に違反しない限り、国民が望む宗教的信仰(または無神論者や不可知論者)に従うことが認められており、国民に言論の自由が認められています。

シンガポール、マレーシア、インドネシアでは、この宗教やあの宗教についてどう思うか、あるいは何かについてどう思うかを言うことはできません。イスラム教やイスラム教徒の政治家について公の場で意見を述べた人は、投獄されるか処刑されます。

なぜシンガポールはイスラム教徒にとって良い国でありながら、イスラエルと友好関係にあるのでしょうか?
マスターカード・クレセントレーティングの世界イスラム教徒旅行指数によると、シンガポールは5年連続でイスラム協力機構(OIC)非加盟国の中でイスラム教徒に優しい旅行先としてトップにランクされています。

イスラム教はシンガポールで 3 番目に大きな宗教を構成しており、2020 年の国勢調査で示されているようにイスラム教徒は人口の約 15.6% を占めています。


出典;

channelnewsasia.com/singapore/israel-embassy-palestine-facebook-post-diplomat-immunity-shanmugam-4320466

straitstimes.com/singapore/politics/israeli-embassy-officer-who-posted-on-palestine-to-be-sent-back-no-further-action-taken-shanmugam

こちらも読む  ガドガドがどのようにしてソーシャルメディアでインドネシアの人気サラダになるのか。

Leave a Reply