タイのトゥクトゥク運転手が日本人観光客に過大請求で停職処分。

最近、日本人観光客がバンコクでトゥクトゥクの運転手に高額な料金を請求されたとソーシャルメディアで訴えた。

この日本人観光客は、アソークからタニヤショッピングモールまでの5.8キロの乗車で1人あたり1,500バーツを請求され、4人で合計6,000バーツを請求された。

2024年5月16日、チャート・タイ・パッタナ党の代表で元運輸副大臣のニコルン・ジュムノン氏は、この観光客のTikTokへの投稿を見て、非常に動揺した。

チャート・タイ・パタナ党の代表で元運輸副大臣のニコルン・ジュムノン氏は、2003年に自身が設立し、ホットラインの番号は1584となっている公共交通機関乗客保護センターのことを思いついた。

バンコク・ポスト紙によると、29歳のトゥクトゥク運転手は、運転手としてのマナーに関する3時間の研修にも出席させられた。

タイ警察によると、この運転手は2024年5月13日にスクンビット・ソイ18からタニヤプラザまでの5キロの旅で、観光客に6,000バーツ(約25,600円)という高額を請求した。

バンコク市内のツアーオペレーターによると、通常、タイでの5キロのトゥクトゥク乗車料金は1人あたり30~100バーツ(約150~400円)である。

チャート・タイ・パッタナ党の代表で元運輸副大臣のニコルン・ジュムノン氏がホットラインに電話し、事件を報告した。職員は速やかに対応し、トゥクトゥクの運転手に調査のために出頭するよう求めた。トゥクトゥクの運転手は観光客の申し立てを認めた。

タイ陸運局は運転手の行為を自動車法 B.E. 2522 (1979) 違反とみなし、以下の罰則を科した。

第 22 条および第 60 条に基づく運賃規則違反: 2,000 バーツの罰金。

第 5(15) 条および第 58 条に基づく服装規則違反: 500 バーツの罰金。

運転免許証の 90 日間の停止。

乗客サービス意識に関する 3 時間の研修コースへの出席義務。


出典;

bangkokpost.com/thailand/general/2793369/tuk-tuk-driver-fined-for-overcharging-tourists

こちらも読む  誰でも一攫千金を狙えるジャワ島の黒魔術「ペスギハン」!

Leave a Reply