Homeボスの物語渡辺秀央氏は、軍事政権の指導の下、ミャンマー政府を信頼していると語った。

渡辺秀央氏は、軍事政権の指導の下、ミャンマー政府を信頼していると語った。

ミャンマーは、2021年2月に軍がノーベル賞受賞者のアウンサンスーチー氏の選出された政府を転覆させて以来、政治的混乱に陥っています。

地元の監視グループによると、治安部隊による取り締まりで1,300人以上が殺害された。

「人民防衛軍」People’s Defense Party(PDF)と呼ばれるグループが、軍事政権と戦うために全国に出現し、軍隊を衝突と報復の血なまぐさい停滞に引き込みました。

ミャンマー軍のジュンタは日本の政治家に支えられています。87歳の元日本の内閣大臣である渡辺秀央氏は、4200万米ドル(5700万シンガポールドル)のショッピングモールへの投資を追求している。渡辺秀央氏は、ロイターと企業のファイリングで見られた彼の発言の記録によると、認可された軍のコングロマリットに関連する会社を支援することで知られています。

渡辺秀央氏は、日本のトップ企業の一部からミャンマーに数十億ドルの投資をもたらすためにキャンペーンを行った元日本の政治家であり、日本に軍事政権を支持するよう促しました。渡辺秀央氏は、「民主化の努力」を称えながら、国のクーデター指導者は「人間として素晴らしく成長した」と語った。

渡辺氏のミャンマー軍事政権への日本の再関与に対する率直な主張は、新たな援助を削減し、軍に暴力をやめるよう求めた東京の公式の立場とは対照的である。

当局者やアナリストによると、日本はミャンマーの民主主義への支援と中国の影響力に対抗する努力とのバランスをとろうとしている。

2012年8月15日、東京でのロイターとのインタビューで、日ミャンマー協会の渡辺秀央会長が講演。REUTERS/中尾百合子

渡辺秀央氏と彼が議長を務める日本ミャンマー協会(JMA)は、日本の外務省と同様にコメントを控えた。

渡辺秀央氏の立場はまた、気象庁を後援する日本最大の企業のいくつかにジレンマをもたらします-彼が設立した日本へのミャンマー投資のための一種のロビーグループと情報交換、ビジネスリーダーと活動家は言います。

これらのJMAメンバーは、他の多国籍企業と同様に、渡辺氏が設立を支援した経済特区を含め、ミャンマーへの投資から離れるよう活動家から圧力を受けています。

ミャンマーでの軍の権力の掌握は「合法」であるとも述べた渡辺氏は、6月30日のJMAの定例会議で、最近のミャンマーへの旅行について話し合ったときに発言しました。

彼のコメントは、ビジネス出版物である東洋経済新報社によって最初に日本語で報告され、協会のスポンサーに回覧され、ロイターに見られたニュースレターに印刷されました。

一般社団法人日本ミャンマー協会の渡辺秀央会長は、「政党を問わず、政府や国民はミャンマーの発展を支援している」と述べた。

関係会社によると、今年は少なくとも6社がJMAを辞め、1社が渡辺氏のコメントを押し返した。

その会社である不動産管理会社のXYMAXCorpは、今年数回、クーデターに対する協会の立場について気象庁に懸念を表明したと述べた。

XYMAXの国際ビジネス担当エグゼクティブである森竜平氏はロイター通信に対し、「クーデターをまったく支持せず、クーデターを支持しているように見えるコメントを支持することはできない。そこでの立場に変化はない」と語った。

2019年に経済特区でハイラックスのピックアップトラックを製造する計画を発表したトヨタ自動車は、2020年の初めに渡辺氏のグループを辞めた。

スポークスマンは、そのタイミングを含めて、トヨタの出発について議論することを断った。トヨタは、クーデター以来、ミャンマー向けの同社の生産計画は保留されていると語った。

ミャンマー軍の最高司令官であるミン・アウン・ライン上級将軍は渡辺秀央の親友です。

ホテルチェーンのVessel Hotel DevelopmentとIT企業のGlobal Innovation Consultingは、クーデター後に協会を辞めたとロイターに語った。

ベッセル氏は、同社は「コストを削減したい」と述べ、グローバルイノベーションコンサルティングは、メンバーシップが同社に「継続的な利益」をもたらさなかったと述べた。

衣料品メーカーの武蔵武装は、入手した情報がコストを正当化しないと判断したため、ロイターに辞任したと語った。 SPARX AssetManagementとクレジットカード会社のJCBInternationalも、今年初めに協会を辞めたと語った。

一部の日本企業は、ミャンマー軍から距離を置いているものの、日本軍に残っています。

その中で、2月にクーデターをめぐる人権オブザーバーからの抗議を受けてミャンマー軍に関連するコングロマリットとの長年の同盟関係を破棄したキリンホールディングス。

クーデターが人権政策に反していたため、キリンはパートナーシップを終了することを決定した、とスポークスマンは言った。渡辺氏の発言についてはコメントを控えた。

自動車メーカーのスズキ自動車と気象庁に残っている日本最大の貿易会社である三菱は、渡辺氏の発言についてコメントを控えた。鈴木氏はスタッフの安全を優先し、三菱氏は人権がビジネスを行う際に考慮する要素の1つであると述べた。

日本の山形大学の東南アジア史教授である今村正夫博士は、渡辺氏はミャンマーに対する東京の経済政策の枠組みに影響力を持っており、日本企業は彼の影響力とビジネスへのアクセスに依存していると述べた。

今年初めにミャンマーに関する気象庁の政策に異議を唱えた連立連立の一部であった今村博士は、「ミャンマーで活動している大規模な日本企業は、渡辺氏のような人々に長く深く根付いているため、どうやって抜け出すのかわからない」と語った。 、ロイターに語った。

JMA会議の1ヶ月前の5月、渡辺雄介事務局長と渡辺雄介事務総長は、「レジームチェンジ」という欧米の政策に従うのではなく、日本はミャンマーの軍事政権への架け橋として機能すべきだと外交官に発表した記事を書いた。 “。

今村博士をはじめ、ミャンマー国民の代表、人権団体、外交政策の専門家などが、JMAの企業スポンサーに公開書簡を送りました。

渡辺雄介氏の記事は、「軍による民間人に対する殺害、暴力、拘禁、言論の抑圧などの人権侵害」について言及しなかったと彼らは述べた。

彼らは、若い渡辺氏が表明したように、すべての会員企業にJMAの立場を支持するかどうか尋ねました。

グループは、彼の発言は「クーデターを正当化する」方法であると述べた。

渡辺秀央氏は1987年以来、経済関係において日本のミャンマーへのトップレベルの導管を務めてきました。

渡辺氏は、ヤンゴン近郊の港を開発する権利と引き換えに、日本が50億米ドル近くの援助と債務免除を提供するという2011年の取引の中心でした。

ミャンマーの軍事政権は声明のなかで、ロイター通信に対し、渡辺氏は「政府と両国の市民とのより良い関係を常に模索している」「長年の友人」であると語った。

先月、ミャンマーでの地位を強調し、元米国外交官のビル・リチャードソン氏と日本財団の笹川陽平会長が投獄された米国のジャーナリスト、ダニー・フェンスター氏を釈放した際に、渡辺氏の功績を認めた。

JMAは、その事業会員以外にも、麻生太郎前首相や元駐ミャンマー大使など、与党自民党の政治家が多数集まっている。阿蘇氏の事務所は渡辺氏の発言についてコメントを控えた。

ミャンマー軍は、選挙詐欺を主張して、ノーベル賞受賞者のアウンサンスーチーの選出された政府を転覆させ、今月初めに彼女に懲役4年の刑を言い渡した。独立したオブザーバーによると、1,300人以上の抗議者が軍隊によって殺害された。

ミャンマーへの支援にもかかわらず、渡辺氏はいくつかの不安を表明した。

日本のブランド車がミャンマーの混乱の中で燃やされました。

同時に、渡辺氏は、欧州連合と米国の制裁下にある軍事政権の指導者との「友情」と「信頼」について、「ミャンマーでの内戦の勃発を防ぐために、日本は支援すべきだ」と述べた。たとえ最小限であっても、現在の国家システム」。

ロイターからの質問に応えて、渡辺氏のモールプロジェクトは進行中であると、軍事政権は述べた。

軍に直接利益をもたらす投資を奨励しなかったと述べた渡辺氏は、「具体的な進展があったら」プロジェクトを更新するとJMAに語った。

渡辺秀央(渡辺秀央、渡辺秀央、1934年7月5日生まれ)は、民主党の日本の政治家であり、1976年から1993年まで参議院および参議院議員を務めました。 1998年から2010年までそれぞれ..栃尾、新形の出身で、拓食大学を卒業。

彼は1997年に新進党に加わり、1998年の選挙で参議院の自由党比例代表制の議席を獲得しました。 渡辺氏は、2010年の参議院選挙に出馬することを拒否したため、政治から引退した。 それ以来、渡辺はミャンマーで幸せな生活を送っていることで知られています。


reuters.com/business/autos-transportation/japan-business-lobbyist-backs-myanmar-coup-urges-investment-2021-12-17/

nippon-foundation.or.jp/en/news/articles/2016/20160902-21069.html

aljazeera.com/news/2021/12/26/united-nations-horrified-myanmar-massacre-dozens-civilians

straitstimes.com/asia/east-asia/former-japanese-minister-urges-japan-to-endorse-myanmar-regime

myanmaritv.com/news/bilateral-relations-senior-general-met-japanese-delegation

ASIAJI
ASIAJI
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

Must Read

%d bloggers like this: